アクセスが急増している株式は?

参照:https://info.finance.yahoo.co.jp/ranking/?kd=58&mk=1

こちらは何のランキングTOP5だと思いますか?

見出しにもがっつり書いてしまっているので皆さん既にお分かりだとは思いますが、こちらは「国内株式のアクセス急上昇ランキング」になります

今ニュースでもかなり大きく取り上げられているかんぽ生命保険がこちらのランキング上位に食い込んでくるのは当然のことだとは思いますが、そんな中でかんぽ生命保険よりもアクセスが上昇している銘柄が1つありますね

今回はアクセスランキングで堂々1位に輝いた東証一部・ユニゾホールディングスについて分析していきたいと思います

ユニゾホールディングスって何の会社?

事業内容については、不動産事業(東京都心・NY・ワシントンD.C.の不動産投資及び売却)とホテル事業(大都市・地方中核都市にてビジネスホテルを展開)がメインになっています

なぜユニゾHD株価は爆上げしているのか?

HISは7月10日、旧日本興業銀行系の不動産会社ユニゾホールディングスに対し、TOB(株式公開買付)[※1]を開始すると発表した。7月11日から8月23日までTOBを実施し、最大1375万株、発行済み株式数の45%を上限に買い集める。買い付け価格は7月9日の株価に56%上乗せした1株3100円で、総額427億円を投じる計画だ。ユニゾHDは「ユニゾ」ブランドのホテルを全国で25軒運営している。さらに、東京を地盤にユニゾブランドなどの賃貸オフィスを79物件保有、売上高の8割弱を賃貸不動産が稼ぎ出す。HISが狙いをつけたのが、このホテル事業だ。「当社のネットワークと販売チャネルを使えば稼働率を向上させられる。不動産取得やホテル開発などでも相乗効果が見込める」(HISの中谷茂・財務担当取締役)。

引用元:東洋経済(https://toyokeizai.net/articles/-/291566)

超絶ビッグニュースが飛び出してきましたね

7月10日にHISがユニゾホールディングスに対して発行済株式の45%を上限に1ヶ月半ほどをかけて公開買い付けを開始すると発表しました

HISは既にこちらの株式を4.79%保有しているため、ここから大幅な買い付けが起こることが明らかになった今の時点で2日連続で高騰している株価はさらに上に向かっていくものと考えられます

もちろん、このような明確な好材料が出てしまうとテクニカル分析でボックス天井を考えることはナンセンスであり、今の所この分析手法では天井を設定することはかえって利益幅を小さくしてしまう恐れがあるので明言しないようにしています

先ほど紹介したビジネスモデルでは、不動産事業とホテル事業を大きな柱としていますが、HISが目を付けているのはホテル事業に関する部分であり、今後の目標は国内外のホテル事業をより一層強化することでTOP10入りを果たすことのようです

また、さらに注目すべき点としては公開買い付け価格が7月9日時点の株価に56%を上乗せした3100円であるということで、この後1ヶ月間という短期間のうちに427億円を投じる予定であることからも今の株価である2890円はかなり割安水準にあるのではないかと思ってしまいますね

公開買い付け価格である3100円は軽く超えてくるのではないかというのが、私だけでなく多くの投資家が考えていることでしょうが、それはつまりさらなる買い圧力の増加・売りの減少を招き株価を引き上げていくことになるのではないでしょうか?

ちなみに直近3営業日の株価推移は以下のとおり

上昇前が約2000円、本日の終値が2890円ということでたったの2日間で約45%ほど上昇したことになります

7月11日22時39分現在のPTS株価[※2]はさらに上昇し3000円を超えてきています

NYダウや日経平均株価といった指数が下げることになるとそれに連動して下げる銘柄は多いですが、そのような資金はどのような所へ流れてくるのかというと…言うまでもなく今回のユニゾHDのような所です

こちらの銘柄に関してはテクニカル分析をするのを避けたいと思いますが、その理由については先ほども書いたように無意味だからです

天井がある程度定まり、しっかりとしたトレンドチャートを形成する段階になったら改めて利確ポイントや押し目水準についての詳細を更新していきたいと思っています

専門用語解説

[※1]株式公開買付(TOB)

公開買付けとは、株券等の発行会社または第三者が、不特定かつ多数の人に対して、公告等により買付期間・買付数量・買付価格等を提示し、株券等の買付けの申込み又は売付けの申込みの勧誘をおこない、市場外で株券等の買付けをおこなうことをいう。なお、公開買付けの対象となる会社の取締役会の賛同を得ないで、買付者が公開買付けをおこなう場合を敵対的公開買付け(敵対的TOB)という。

引用元:野村證券HP(https://www.nomura.co.jp/terms/japan/ko/tob.html)

ちなみにTOBによる株価の影響については、今回のユニゾHDでも起こったように公開買い付け価格に向け上昇する傾向にあります

ただ、公開買付価格の買収側・被買収側の関係性などを考慮し、それが友好的なものである場合はさらなる株価の押し上げ要因となりますが、反対に火買収側にとって不本意なものであったりすると場合によってはその後の下落を招く可能性もありますのでその点については注意が必要になりますね

[※2]PTS株価

私設取引システム。日本版ビッグバンの結果、証券の売買を取引所に集中する義務が撤廃された。このため、証券会社が自ら設置したコンピューターネットワーク上での証券売買が可能となった。このネットワークあるいはシステムのことをPTSと呼ぶ。2001年にマネックスナイター、06年9月にオークション方式のkabu.comPTS、07年8月にジャパンネクストPTSが開設された。いずれも夜間取引。夜間に取引ができるメリットはあるが、07年10月時点ではまだ参加者も限られており、通常の取引所における取引に大きな影響を与えるには至っていない。

引用元:コトバンク(https://kotobank.jp/word/PTS-183749)

ブログ購読登録はこちらから

1,118人の購読者に加わりましょう

上のフォームにアドレスを入力ご登録ボタンを押していただくとメールが届きます

最後にメール内容に従って認証手続きをしていただくと登録完了となりますのでぜひぜひよろしくお願いします